イニシエーションラブ 映画 口コミでも「大絶賛」 前田敦子の演技が本気に引き込まれる。


maedaatsuko42

前田敦子さん引用:http://akb48gazou48.seesaa.net/article/174386460.h…
前田 敦子(まえだ あつこ、1991年7月10日 – )は、日本の女優、歌手である。愛称はあっちゃん。
略歴(ウイキペディアより引用):2005年10月30日、『AKB48 オープニングメンバーオーディション』に合格(応募総数7,924名、最終合格者24名)。オーディションでは柴咲コウの「Glitter」を披露する。オーディションで審査にあたった夏まゆみは、ダンス課題の練習に没頭する前田の集中力を見て合格を決めたと語っている

スポンサー_link

市川市立新浜小学校と市川市立第七中学校を卒業。元AKB48の仲谷明香とは中学時代、同級生だった。
左利きである。ただし、大河ドラマ『龍馬伝』や丸美屋食品工業「のっけるふりかけ」のCMでは演出上右手を使っており、Baby Blossomでギターを弾く際も右利き用を使用している。
仲川遥香と増田有華は高校の同級生。また、NMB48の山本彩を気に入っており、最初に山本の胸を触った際に「全然抵抗もなく笑顔で応えてくれた」という一件以来、山本を一般的な愛称ではなく「おっぱいちゃん」と呼んでいる
デビュー前、秋元康に今後何をやりたいかと尋ねられた際に「演技がしたい」と答えた。現在の事務所に所属した経緯も関係している
AKB48グループ発足時から卒業まで中心メンバーの一人であり 、24thシングル「上からマリコ」以外の全てのシングル表題曲の選抜メンバーに選出された。「桜の花びらたち」、「ヘビーローテーション」、「チャンスの順番」、「上からマリコ」を除くほぼ全てのPVや音楽番組でセンターの位置についていたため、「絶対的エース」、「不動のセンター」と呼ばれた。
かつて、毎回コンサート前日には、立ち位置や歌詞などを書いた紙をすべて枕に敷いて寝ていた。
============================================
イニシエーションラブ 映画 口コミでも「大絶賛」
前田敦子の演技が本気に引き込まれる。
============================================
■映画監督の作品に出演し、彼らから絶賛の言葉を受けています。
AKB48を卒業して今夏で丸4年。多くの名監督から声がかかり、銀幕を中心に活動する前田敦子さんこれまで黒沢清や山下敦弘といった、そうそうたる映画監督の作品に出演し、彼らから絶賛の言葉を受けています。
映画『イニシエーション・ラブ』や『もらとりあむタマ子』などで見せたクセのある役では高い評価を得ています。
■主演映画「イニシエーション・ラブ」は大ヒット
公式サイト:http://www.ilovetakkun.com/ ストーリー以上のどんでん返しが前田敦子を待っていた。
当初は前田敦子には無理!作品がぶち壊しになる!などと批判が殺到。
が..、公開後は評価が一変しました!!。手のひらを返すような絶賛の嵐!!。
とにかく、圧倒的な彼女の可愛さ、ロリッぽさが、絶対的に必要な鍵だったわけで、前田さん、演じ切っていました。彼女を使ったことで、この映画は成功していると思います。
■前田敦子株が映画業界で急騰!。
松田翔太とのラブシーンも激しく、前田敦子の本気に引き込まれる。
—- ユーザーレビュー—-
前田敦子の存在感 イニシエーション・ラブ 映画「イニシエーションラブ」では前田敦子
さんの名演がとにかく光っていました!正直ちょっとなめていたことを前田敦子さんに謝りたい
と思います。すんませんでした!..などなど。
女優として着実に成長する前田敦子が、普通の女の中にあるしたたかさを演じたラブストーリー。松田翔太とのラブシーンも激しく、前田敦子の本気に引き込まれる。..などなど。
■リツイート!!そしてとにかく圧倒的な「ハマリ役」という評価!
前田敦子さんの女優としての存在感の半端なさ。ぶっちゃけ、イニシエーションラブに重厚な演技も必要ないかもしれんが。それでも無条件に釘付けにされる。結局、場を支配する、その力は最早、 天性としか説明出来ません。
■リツイート!!さらに「かわいい」の連発!!イニシエーションラブ観てきた! ひたすらあっ
ちゃんがかわいかった! 原作読んでたけど楽しめるし、とにかくあっちゃんがかわいい!

(Visited 125 times, 1 visits today)

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*