【ユーグレナから生まれた麹酵素】大腸ガンのリスクを軽減する方法とは?


【ユーグレナから生まれた麹酵素】大腸ガンのリスクを軽減する方法とは?

今も昔も、ガンは私たちにとって脅威をもたらす切実な病気です。

医療も進化してきましたが、私たち人類はガンを100%完治させることはできません。

ガンの中でも大腸ガンに着目し、大腸ガンと腸内環境の関係性について見ていきたいと思います。


【ユーグレナから生まれた麹酵素】それでは大腸ガンとはどんなもの?

国立ガンセンター中央病院によると、大腸ガンの中でも特に多いのが、肛門部分に近いS字結腸や直腸の当たりだそうです。

これらが大腸ガンの約7割を占めているようです。大腸ガンは悪玉菌の作り出す有害物質から受けるダメージが原因の1つなのです。

【ユーグレナから生まれた麹酵素】腸内フローラと大腸ガンの関係

腸内菌は大腸に棲み付いていますが、その大腸は食べ物を消化し、便を作る器官です。

腸内には、3パターンの腸内菌が棲んでいます。

①善玉菌

②悪玉菌

③日和見菌
です。

最近では、腸内菌の事を腸内フローラと表現されますが、腸内フローラのバランスを整えることが大腸ガンのリスクを大きく軽減するのです。

腸内に悪玉菌が増えると、腸内の免疫細胞の働きが阻害されますが、それに伴い発ガン性物質への抵抗力が弱まり、大腸ガンのリスクが増していまいます。

腸内フローラのバランスを保つことで大腸ガンの予防つながるというワケです。



【ユーグレナから生まれた麹酵素】腸内フローラを整えるために必要なことは?

それでは腸内フローラを整える、すなわち、悪玉菌の繁殖を抑制し、善玉菌の繁殖を後押しすることを意味します。

日本人の大腸ガンの発症率は、この50年で6倍ほどになっているそうです。

原因としては、食生活の変化による悪玉菌の増加が考えられ、日本人の食生活は欧米化し腸内の悪玉菌を増やしてしまう内容なのです。

食生活が消化の悪いお肉が中心だったり、野菜不足の食生活は、腸内の悪玉菌にエサを与える結果となってしまいます。

食物繊維や発酵食品をできるだけ意識して普段の食生活に取り入れるようにしましょう。

ですので、大腸ガンを予防するためには、腸内フローラの改善が必要条件なのです。


  引用:https://www.nishinippon.co.jp/item/n/333866/


【ユーグレナから生まれた麹酵素】腸内フローラの働きを良くするには時間を要することも?

腸内フローラを変えれば体の機能が向上して健康やダイエットに効果的なのだと、よく言われるようになりました。

腸内フローラとは腸内菌の集まりを指すのですが、これを変えるとはどういうことなのでしょうか?

【ユーグレナから生まれた麹酵素】理想の腸内フローラとはどんなもの?

フローラとはお花畑のことですが人間の腸内フローラは、総重量では1キロ、1,000兆個、300~1,000種類にも及ぶ腸内菌の集まりです。

大別すると①善玉菌、②悪玉菌、③日和見菌の3種類でしたね。

一般的には腸内フローラの良いバランスは、善玉菌が3割、悪玉菌が1割、日和見菌が6割が理想だそうです。


引用:https://haccomachi.jp/column/518/

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

↓↓↓ 公式サイトはコチラ

ユーグレナから生まれた麹酵素

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

【ユーグレナから生まれた麹酵素】腸内フローラには個性がある

しかし、人間の腸内フローラは簡単には変えることはできません。

それは、ヒトの腸内フローラは、これまでの食生活や生活習慣、生活環境、ストレス、

遺伝などの影響を受けて長年構築されてきたものであり、人それぞれ個性が強いのです。

また、私たちの腸内フローラは、生後10ヶ月までの間でほとんどが決まると言われています。

このような様々な要因があるため、同じ対策をしても腸内フローラが良くなる人、なかなか良くならない人がいるわけです。


引用:https://newcas2017.org/


【ユーグレナから生まれた麹酵素】腸内フローラを変えることはできるのか?

腸内フローラには個性がありますが、変えることは可能といえます。

それには、腸内菌が元気になる食物繊維やオリゴ糖、発酵食品を積極的に摂取することや

生活習慣を改善したり、ストレスを解消したりすることが必要となります。

また、できるだけ善玉菌も摂取することです、ヨーグルトや乳酸菌飲料に含まれる善玉菌は、

腸に届けば腸内菌として働くことはなかなか難しいのですが、これも腸内菌のエサになったり、働きを

良くしたりするのです。

(Visited 12 times, 2 visits today)

SNSでもご購読できます。