木村文乃は、アトピー性皮膚炎が原因で芸能界を引退?!。化粧品のCMに復活した!!。


20150328_haru_41
※http://www.officiallyjd.com/archives/438959/201503…より引用。

木村 文乃(きむら ふみの)さんは、女優。東京都出身。
2004年に映画『アダン』のヒロインオーディションにて応募者3,000人の中から ヒロインに選ばれ女優としてデビューしました。

2006年5月映画『風のダドゥ』で映画初主演、同じくその年の11月にはNHK大河ドラマ 『功名が辻』でテレビに初出演しました。
2008〜 2009年に出演したNHK連続テレビ小説『だんだん』で三倉佳奈演じるヒロイン のライバル舞妓役を演じていました。

スポンサー_link

2005年から2006年にかけて日本プロボウリング協会「DHC レディースオープンツアー」 のイメージガールを務めたりしています。

が、その後、仕事に恵まれずに、アトピー性皮膚炎が悪化してに1年以上芸能活動を
お休みしていたことがありました。

10年以上芸能界で活躍している木村文乃さんですが、 芸能活動を一時休止しています。進路に迷い芸能界からの引退も考えていたそうです。

ファミレス、チラシ配り、病院の受付、ウエディングの介添えなどさまざまなアルバイト も経験した彼女でしたが、23歳のときに今の所属事務所トライストーン・エンタテイメントにスカウトされ芸能活動を再開しています。事務所社長で映画プロデュー

サー の山本又一朗の「やるからにはトップを目指せ!!」の言葉を真摯受け止め、作品に向き合うようになったとか、再びテレビドラマに端役から出演しなおしているのです。
非常にがんばりやさんですね。
2011年4月に「ちふれ化粧品のCM」に出演して透明感あふれる姿がCM関係者の目に留まり、 それまでほぼ無名に等しかったにもかかわらず4か月という異例の短期間のうちに立て続け に4社のCMに起用されるようになりました。

NTTドコモのスマートフォンCMの反響は大きく、CM好感度ランキングにおいてその年(2011) 6月前期にはトップ10圏外だった同社CMが木村出演後には一気に2位へと急浮上したのでした。

翌2012年には『梅ちゃん先生』NHK)で再び連続テレビ小説に出演して全国区となりましたね。

以降はテレビドラマ 、映画の話題作やCMなどへの出演が相次いでいました。
やっと頑張りが報われたのでは、ないでしょうか。

ドラマ『梅ちゃん先生』などで演じるキャラクターでは、地味で控え目ながら芯の強い イメージですが、本人は自分を「サバサバしたタイプ」と語っていました。

素顔は演じるキャラクターのイメージと違うみたいです。そんな木村文乃さんがアトピー 性皮膚炎を完全に克服したのでしょうか・・??これからも、頑張ってほしいですね….!!。

(Visited 273 times, 1 visits today)

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*